『家事も仕事もぐんとラクになる!働くママのための手帳術講座」や、『ズボラさん向けのお片付け講座』、『ママのための話し方教室』などを随時開催しています。 ラジオDJ・フリーアナウンサー歴15年目。群馬で唯一のあな吉手帳術 ディレクター講師。整理収納アドバイザー1級。

初めての方へ プロフィール 今後の講座・イベント 受講生さんの感想 問い合わせ
スピーチが上達する一番の近道は、○○!
http://sudoyumi.com/archives/4643877.html

今度こそ家が片づく!魔法の手帳術
http://sudoyumi.com/archives/4430020.html

フセン活用術(他のサイトに飛びます)
http://www.beauty-co.jp/author/archive.html?id=20

├-マイホーム計画

整理収納アドバイザー


6月29日のブログで、

『整理収納アドバイザー 1級の検定試験を受けました。
合否結果は8月下旬なので、9月になってもこの話題に触れなかったら、
落ちたと思ってください』

と書きましたが、実は10日くらい前にようやく結果が届きまして。

ikkyuu



無事、合格しました〜〜〜〜(*´∇`*)

・・・ホッ。


合格したからって、今すぐ何か仕事にしようとは思ってませんが、
お片付けや掃除って、一生つきまとうものだから、
日々の生活にも役立つかな〜と思ってマス。


-----------------------------------

人気ブログランキングに参加しています。

脱衣所について

ba86ae07.jpg
↑※イメージ写真


前回のブログに、たっくさんのご意見、経験談をありがとうございました。

とても参考になりました!!

どうやら、「他人ならともかく、家族内ならあまり気にしない」という方が多いようですね。

そうか〜〜〜  私が気にしすぎなのかな〜〜〜〜〜〜〜〜〜。



で。

なんと、皆さんの意見に影響され、
「独立した脱衣室」はあきらめる方向でいます。

脱衣所(洗濯機)は洗面所と同じスペースにして、一応 洗面所には鍵付きのドア(外からでもコインで開けられるタイプ)を設ける予定です。

やっぱり、
「子供ができたら、『裸を見られるのが恥ずかしい』とか言ってられない」という、お子さんをお持ちの方々のご意見が一番グサっと来ましたね〜〜〜。


詳しくはまた火曜以降に書きますが、ひとまずご報告でした。
本当にたくさんのコメント、ありがとうございました!
(また返事を書いてない方もいますが、必ず近いうちに書きますネ!)


裸を見られても平気ですか?

65b1d7c5.jpg
↑※イメージ写真


今日は皆さんに素朴な質問です。


お風呂に入る時、どこで着替えていますか?!
そこに、鍵はついていますか?!


・・・いや〜実はですね。
4月12日の日記に書いたように、現在、家を建てるため毎週ハウスメーカーと打ち合わせ中なのですが、どーしても、私の中で決断できないことがあるんですっ。


それは、『鍵つきの脱衣所を作るかどうか』


たいていの家は(特に一昔前までは)、洗面所と洗濯機は同じスペースにあり、
で、すぐ隣に浴室があり、ゆえに洗面所が脱衣室も兼ねている…、という間取りが多いはず。
私の実家も、これまで住んできた賃貸アパートも、すべてこの間取りでした。

しかし、新居は「脱衣所と洗面所はドアで区切って、脱衣所に鍵をかけられるようにしたい!!」と思ってました。

なぜなら、実家でまだ両親と暮らしている頃、こういうケースがよくあったからです。

お風呂に入る時、洗面所で服を脱いでる最中に父親が入ってきたら嫌なので、鍵をかけていた。

洗面所に鍵をかけたままお風呂に入ってしまうと、家族の誰かが洗面所を使いたいときに、ドンドンとドアを叩かれ「ちょっと開けてよ〜〜〜」と怒られた。

しぶしぶ、裸のまま洗面所のドアの鍵を開けに行く。

しかし!ガチャっとすぐ開けられたら裸を見られてしまうので、鍵を開けたら走って浴室に戻るか、あるいは「すぐ開けないでね?!絶対だよ?!30秒数えてから開けてね!」と言って、やはり慌てて浴室に戻っていった。



これ、結構 面倒くさいし、憂鬱でした・・・・
かといって、洗面所に鍵をかけないでお風呂に入るとーーーー


「そろそろお風呂出たいな・・・。あ、でも洗面所に妹がいる・・。」

仕方なく、妹が出ていくまでお風呂で待っている。
なかなか出ていかないから、湯ざめすることも・・・。

またある日、「今なら洗面所に誰もいない!よし、今のうちに出よう!」
と裸で出たとたん、ガチャっと誰かが入ってきて、「きゃぁ」と慌ててタオルを探したりしたこともあった。





あぁ〜〜〜〜〜
実家で暮らしている頃は、こんなのが日常茶飯事だったので、
どのシーンも鮮明に蘇ってきます・・・

些細なことかもしれませんが、本当に嫌だったんですヨ。


ーーーそんなわけで、現在 計画している間取りでは、脱衣所(洗濯機置き場)と洗面所の間に、
鍵付きのドアを設けました。
つまり脱衣所を独立させたんです。

この考えは珍しくないらしく、やはり奥さん側からの希望として、鍵付きの脱衣所を取り入れている家はあるらしいです。






―――――ですが。


決して私は豪邸を建てるわけではないので、スペースには限りがあり・・・、
今の間取りだと従来の洗面所&洗濯機スペースを、無理やり区切るような形になっているので、
脱衣所が狭くなっちゃうんです。

一畳分のスペースです。そこに洗濯機も置きます。

女性ならともかく、男性がそこで脱ぎ着したり、あるいは子供と一緒にお風呂に入る場合などは、
窮屈に感じるかも・・・・と心配です。
当然、洗面所もあまり広くありません。

かといって、その他の間取りに関してはもう理想に近いので、脱衣所を広げるなどの変更はしないつもりです。



となると、残るは2択。



1:狭い脱衣所でも我慢する



2:鍵付き脱衣所をあきらめる。(=洗面所と一緒のスペースにする)





さて あなたならどっちを選ぶ?!?



・・・え?「あんたは 裸を見られるのがそんなに嫌なのか?」って?



えーーーーー嫌でしょ〜?!フツー!!




・・・と思っていたら・・・・・。


同じくマイホームを計画中のツネちゃん(男性)いわく、

「え、俺なんて、家の中 スッポンポンでも歩けるから全然平気だけど?」

とのこと。

「でも奥さんが嫌がらない?」と聞いたら、

「うちの奥さんは、脱衣所に関して特に何も言ってなかったなぁ〜。
でももし娘が生まれたら、やっぱり年頃になると嫌がるのかなー。
うーん・・・そうかぁー鍵か〜〜〜。うちもつけようかなぁ・・・・」


などと、ツネちゃんまで迷わせてしまいました。(ゴメン・・・。)
それにしても、 スッポンポンか〜〜 ずいぶんオープンな家だなぁ〜〜。


ちなみに私が現在住んでいる賃貸アパートは、当然 洗面所と脱衣所は一緒で、
うちのダンナさんが入浴後 裸でいる時に、私が洗面所を使いたくてガチャっと入っていくと、彼は結構あせって、「ノックしてくれ〜〜」と恥ずかしがります。



これって、男なのに恥ずかしがるウチの旦那がおかしいの?



それとも家の中をスッポンポンで歩けるツネちゃんがおかしいの?



皆さんの家の脱衣所は、どういう状態ですか?


入浴の際、どんな環境で脱ぎ着しているんでしょうか?


皆さんは、家族内なら裸を見られても平気ですか?


本当に参考にしたいので、ご意見お待ちしています!

マイホーム計画

突然ですが、家を建てます。



いえ、実際は突然ではなく、群馬に引っ越してくる前から計画していたことであり、
もっと正確に言えば、家を建てるために群馬に帰ってきたわけなんですけどね。


「ずいぶん若いうちに建てるのねぇー」
「へぇ〜 お金持ってるんだね〜」
と思ったあなた。

違うんですぅ〜〜〜〜〜


確かに一昔前、たとえば私の両親の世代では、

『マイホームは貯金(頭金)を貯めてから買うもの』(=早くても30代後半)

が当然だったようですが、時代は変わり、低金利の現在は

『頭金を貯めているうちに金利が1%でも上がってしまったら、元も子もない。
家賃を毎月払うくらいなら、低金利のうちに早く家を買ったほうがお得』


という状況なのです。
(※もちろんケースバイケースですが。)

しかも現在の法律では、『住宅ローン控除が使えるのは2008年12月末までに入居した人まで』ときた。


ーーふと気づけば、私と同い年の既婚者の友人たちは、全員(本当に全員!)すでにマンションやら一戸建てを買ってました。びっくり。


そんなこんなで、マイホーム計画を進行中。
合計30社以上のハウスメーカーの資料を集め、1月から3月までは住宅展示場を歩き回り、断熱方法や間取りの本などを読みあさり・・・
「受験の時にこの意欲があったらな〜」と思うほど、とにかく毎日 勉強熱心な私です。

寝ても覚めても頭の中は、家、家、家、家・・・・・・・。



疲れた・・・。


特に、各ハウスメーカーの営業マンとのやりとりに疲れました・・・。

そして、親身に相談に乗ってくれた営業マンさんに、断わりの連絡を入れる時は、前日から胃が痛くなるほど心苦しかったです。


そして先日、ついに某ハウスメーカーと契約を結び、
いよいよこれから本格的に打ち合わせがスタートします。



ーーーーさて、その様子を今後ブログで書くかどうかなんですが・・・。


マイホームに関することをインターネットで調べてるうちに、
建築日記をブログで書いている人がゴマンといることにビックリしました。

どのブログも、土地探し〜契約〜打ち合わせ〜工事〜引っ越し〜入居後まで、
事細かに写真付きで書いている人ばかりで、感心しちゃいました。


イヤー本当にすごいですよ!!読み応えあるブログばかりで!!


家を買う予定のある人は、参考になるブログがたくさんあるので、
いろいろ覗いてみたほうがいいですよ〜。



さて私は・・・

本当は事細かに書いて、皆さんのアドバイスなども聞きたいところなんですが、
私のように顔も名前も知られている状態での建築日記って、
結構キケンもいっぱいあるらしいんです。

たとえば間取りを紹介してしまうと、空き巣にとってありがたい情報になってしまったり。
外観の写真を載せると、住所がバレてしまったり。

あと、家に興味がない人にとっては、ただの自慢ブログに見えてしまうかもしれない・・・なども気になるところ。


とりあえず、考えてみますね〜。
information













<2017年:今後の予定>
●3月26日(日)上毛新聞 週刊「風っ子」 掲載
●3月28日(火) CMナレーション収録
●4月7日(金) 初の著書【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】発売
●4月11日(火) FMぐんま「かかあデンパ!」出演
●4月23日(日) マスター講座 群馬 1日目 
●4月30日(日) マスター講座 群馬 2日目 

※募集開始前はまだ日程が変更になる事もあります。ご了承ください

twitter

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
プロフィール
ボイスサンプル
【ナレーション系】

クレジット3:「須藤ゆみです」





1:オーソドックス





2:明るいバラエティ番組





3:しっとり落ち着きある声





6:素朴な少女のささやき





5:ぶりぶり乙女







【声優系】

4:幼稚っぽくコミカル





7:女子高生のセリフ





8:少女とお姉さんの会話(1人2役)




目次
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ