『家事も仕事もぐんとラクになる!働くママのための手帳術講座」や、『ズボラさん向けのお片付け講座』、『ママのための話し方教室』などを随時開催しています。 ラジオDJ・フリーアナウンサー歴15年目。群馬で唯一のあな吉手帳術 ディレクター講師。整理収納アドバイザー1級。

初めての方へ プロフィール 今後の講座・イベント 受講生さんの感想 問い合わせ
スピーチが上達する一番の近道は、○○!
http://sudoyumi.com/archives/4643877.html

今度こそ家が片づく!魔法の手帳術
http://sudoyumi.com/archives/4430020.html

フセン活用術(他のサイトに飛びます)
http://www.beauty-co.jp/author/archive.html?id=20

├-産後うつを振り返って

尾瀬で回復!  〜産後うつ記録 その3〜

※産後うつ記録その2はこちら

※産後うつ記録その1はこちら  

***********************************

BlogPaint

ちょうどその頃、FMぐんまの社内で「尾瀬ハイキング」の企画があがりました。


群馬の自然をこよなく愛する大崎アナが、
「群馬に住んでいながら尾瀬に行ったことないなんて!」と、特に若手の社員たちに呼びかけて企画してくれたもの。(今じゃ、毎年恒例?)



いつもの私の性格なら、すぐに「行く行くー!」と手を挙げるんですが、
この時はすっごく悩みました。



だって、尾瀬って、軽い登山だし(正確には、最初に下って、帰りは登る)、

一度、尾瀬ヶ原に入ってしまうと、病院なんてないから(←当たり前)、

万が一気分が悪くなったらどうしよう・・・。


1人で山を登って、駐車場まで戻る自信はないし・・・


かといって、私なんかのために、誰かに付き添いさせてしまうのは申し訳ない…。





ーーと、かなり悩みましたが、
ハイキングや登山などは気分転換にとても効果的、というのを耳にし、なんとか参加を決意。




でも結果としては、本当に行ってよかった。


CIMG8590



FMぐんまの皆さんは、とても面白い人が多く、仲もいいのですが、
特にこういう企画に参加するようなメンバーは、明るい!(笑)




企画・幹事の大崎さんが、「これは○○っていう花でね…」「この鳥の鳴き声は○○だよ」「ここが一番のベストショットだよ」と、案内役を務めてくれたり。


「DJ羽鳥」こと、羽鳥武夫さんがいろいろおかしなことを言って笑わせてくれたり。


終始なごやかなムードで、本当に楽しかった

BlogPaint
 


CIMG8546


CIMG8561



そして、ハイキングがスタートして2時間が経つ頃、



「あ・・・胃酸のこと 忘れてた・・・!」と気づいたんです。




忘れていられたことが嬉しくて嬉しくて。




生・小栗旬を見ても、胃酸が気になってたのに(笑)、
尾瀬のおかげで、胃酸を忘れられた!!





山小屋に着いて、大崎さんから配られたお弁当もとってもおいしかったです。


沼田名物 井上食堂のまいたけ弁当。

CIMG8563



しかもびっくりしたのは、
12人分のお弁当を、大崎さんはリュックに入れて歩いてたんです!!Σ(゚д゚;)

歩き始める前に配っちゃえばよかったのに、「登山初心者の人の荷物を少しでも減らしてあげたかったから」と大崎さん。


やさしーー・・・・。(;_;) 





暑くない、寒くない気候の中、
大自然に囲まれ、遠くの山々、美しい水芭蕉、鳥の鳴き声、仲間との楽しいトーク…



本当に穏やかな心になり、とっても気持ちがよかったです。



R0016908

CIMG8608

R0016956

BlogPaint



そして、無事、みんなに迷惑をかけることなく参加できた、ということが自信にもつながり、

その日からだんだん胃腸は回復し、


気が付けば精神状態もすっかり元気になってました。

 




ーーーーというのが、産後うつの「前兆」。




その2年後、今度は本格的にどっぷりひどい「産後うつ」がやってくるのでした。



(※その4もなるべく早めに書きますねー


****************************

ところで、尾瀬といえば、21日に山開き式が行われたばかり。

ミズバショウは6月中旬まで楽しめる見込みだそうですよ
 

流産と不妊治療を振り返る。<産後うつ記録 その2>


前回の、産後うつ記録から時間が空いてしまい、すみません


「続きを待っています」、というコメントを頂いたり、
昔お世話になった男性ディレクターさんからも、「夫側の立場としても気になるから、続き待ってるよ」とメッセージを頂きました。



前回、産後うつの「前兆」の話から書き始めてしまったので、
ほんと長編シリーズになってしまうかもしれません。
興味ある方だけお読みください(^_^;)



***************************************

数年前、「そろそろ子供が欲しいなぁ」と思い始めたころ、妊娠が発覚し、喜んだのもつかの間。

あっという間の流産。


大号泣しましたが、きっとまたすぐ授かると信じ、なんとか気持ちを切り替えました。



でも思いのほかしんどかったのが、流産したことを友人に報告しなければならなかったこと。


『安定期に入る前はなるべく身内以外には妊娠を告げないほうがいい』とよく聞きますが、
私は流産なんてするわけない、という、まったく根拠のない自信で、数人の友人に妊娠していることを言ってしまっていたんですよね・・




流産を報告するのがつらい、というか・・・、

報告すると、当然、相手は驚くし、一生懸命励ましの言葉を探そうとしてくれちゃうじゃないですか。

その、『相手に気を使わせてしまう』ことがつらい、という感じでした。



だからこそ、やっぱり安定期に入る前までは妊娠の発表は控えたほうがいいんですねぇ…


時々、芸能人が妊娠3か月くらいで発表しちゃったり、週刊誌などでスクープされちゃう人がいますが、他人事ながらヒヤヒヤしちゃいます




そして、自分が流産を経験して、知ったのは、
世の中には、想像以上に、流産経験がある女性が多いこと。

(高齢出産が増えている時代背景などもあると思いますが)


ママ友との会話でも、ごくたまに『流産』の話題になると、「実は私も・・・」「え、私も!」などとカミングアウト大会になることがよくあります。




あえて言わない(言えない)だけで、
みんな人知れず涙を流していたりするんですよね…





さて、そんなわけで、
その流産がきっかけで、せっかちな私はすぐに不妊治療をはじめました。



不妊治療の大変さ、苦しさは、一通り経験しました。





毎朝、基礎体温をチェックして、一喜一憂したり。



自分で毎日お腹に注射を打ったり。←超〜ビクビク



いつも病院が混んでて、何時間も拘束されたり。



なんで私だけこんな想いしなくちゃいけないんだろう・・・と涙したり。



芸能人や友達の「妊娠しました」「生まれました」の報告に、あせりを感じたり。



ホルモンバランスが崩れたのか、更年期のホットラッシュのような症状が出たり。



子宮に良性ポリープがあり、着床率を上げるために切除する手術を受けたり。





―――このあたりを詳しく書いてると、いつまで経っても「産後うつ」の話にいかないので、はしょりますが(^_^;)。


ただね、産後うつになった理由の1つに、この、過去の不妊治療の経験も関係してるみたいで。

それはまたあとで書きますね。




そんなわけで、流産、不妊治療、ポリープ切除・・・と数か月のうちにいろんなことが起こり、だんだんストレスがたまっていたようで、自律神経が乱れて、今度は胃酸過多&逆流食道炎になってしまいました。

意識すれば意識するほど、胃がギューっと熱くなり胃酸が出ているのがわかるんです。


「なかには急激なストレスで、たった1日でも胃に穴が空く人がいる」
と過去に聞いたことがあるのを思い出して、一層不安になり、また胃酸がギューーッ。




趣味に没頭しているときや、なにか夢中になれるものがあれば胃のことを忘れられるかも、と思い、
急きょ、1人で 大好きな小栗旬の舞台『ムサシ』を見に行ったのを覚えてます


↑こういうとこが私らしい発想?(笑)





小栗旬と藤原竜也のダブル主演ということで話題になってた舞台。


大好きな俳優さんを見ている時間くらいは、きっと胃酸のことを忘れられるだろうと思ったんだけど、



・・・・ダメでした。

胃酸、バンバン出まくり(;一_一)。



舞台そのものはすっごい面白くて、あとでDVDも買ったほどでしたが


ムサシ特別版 [DVD]
藤原竜也
ポニーキャニオン
2009-09-16





でもね〜・・・
「いつ妊娠してもいいように、胃腸薬は飲まないほうがいいんじゃないか」とか思っちゃって、
胃腸科に薬を処方されても素直に飲まない。


飲めない。


だからなかなか胃も治らない…。



そうしたら、今度は、常に心が緊張しているような状態(軽度のうつ?)が続きました。


でもやっぱり、「妊娠したいんだから、うつの薬も飲まないほうがいいんじゃないか」という迷いがあり、飲まない。
飲めない…。



でもそれがしばらく続いてかなりつらかったので、ようやく、
「まずは、心の元気を取り戻すのが先!」と思い、不妊治療を一旦やめることにしました。




そうしたら、少し気がラクになりました。



産後うつ記録 その3へ続く


information













<2017年:今後の予定>
●3月26日(日)上毛新聞 週刊「風っ子」 掲載
●3月28日(火) CMナレーション収録
●4月7日(金) 初の著書【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】発売
●4月11日(火) FMぐんま「かかあデンパ!」出演
●4月23日(日) マスター講座 群馬 1日目 
●4月30日(日) マスター講座 群馬 2日目 

※募集開始前はまだ日程が変更になる事もあります。ご了承ください

twitter

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
プロフィール
ボイスサンプル
【ナレーション系】

クレジット3:「須藤ゆみです」





1:オーソドックス





2:明るいバラエティ番組





3:しっとり落ち着きある声





6:素朴な少女のささやき





5:ぶりぶり乙女







【声優系】

4:幼稚っぽくコミカル





7:女子高生のセリフ





8:少女とお姉さんの会話(1人2役)




目次
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ