短大時代、本&ビデオレンタル店でバイトしていた私。

ある日、これから行くバイトのことを考えながら、一人で電車に乗っていました。

頭の中で、

「今日のバイトって、他に誰が入ってたかなー」

とか

「今日は土曜だから、夜は混むだろうなぁ」

なんて考えていたから、もうバイト先の店内にいる感覚になっていたのかもしれません。


電車がとある駅に着いて、ドアがプシューっと開いた、その音に反応してしまい、





無意識に。




「いらっしゃいませー」  



と。


元気よく言ってしまったのです・・・・。




―――うわああああ、恥ずかしい!!



電車に乗ってきた人達は 「・・・・え?」 という顔してるし、

周りの乗客は 「は?あんた車掌?」 みたいな顔してるし。



私は一人で乗っていたので、笑ってくれる友達もいなくて・・・



もう顔から火が出る恥ずかしさで、私はその場にいても立ってもいられなくなり、
思わず、その知らない駅で降りてしまったのでした。