9c4154e5.jpg
1月21日(金)
シリー(テニスサークル)のY子先輩が、ダンナさんの仕事の都合で北海道へ引っ越すことになり、送別会が行われた。
この日 初めてダンナさんのSさんにお会いしたのだけど、やたら綺麗な顔立ちの方で、みんな「矢田亜希子に似てる!」と絶賛(笑)。Sさん本人は複雑な表情だったけど。

そんなY子夫妻を囲んでの飲み会で、年齢の話になった。「今年で31歳なんて考えたくな〜い」という女性の先輩達に向かって「あ!私、この中で一番若い(28)んだぁ〜〜♪わーい」と小生意気な発言をしたら、同級生の男子達が一斉に私を見た。
あ・・・あれ?私、今そんなにヤバイこと言った…?
「おまえが一番若いのかよ!!」
「う…うん?
「じゃあ おまえが注文とれ。はい交代」

・・・あ。

その日のメンバーをよ〜く見たら、Y子先輩の学年の人たち7人 プラス、うちの学年の男子3人 プラス、私。(しかも同級生3人は全員1浪してるから、本当に私が一番年下だった)
私はここしばらく、同級生&後輩という組み合わせで飲む事が多かったので、
下座に座ってみんなの注文をきいて店員にオーダーする、という下っ端ならではの仕事はご無沙汰だった。
しかも、よりによってその日 私は、いっちばん奥の席に座っていた・・・。(おいおいおい。どこぞの姫だよ。)
ということで、急きょ席替え。私は店員にオーダーしたり、2テーブル分の雑炊を作らされたり、
写真を撮ったり。落ち着いてお酒も飲めやしない。みんなも面白がって、こき使う、使う。
・・・しかし、いくらこき使われようが、久々に先輩たちと飲むというのは楽しいもの。
それに自分が一番下っ端という立場は、意外と居心地がいい。そういえば私は昔から『後輩』より『先輩』に混ざって喋るのが好きだった。(長女だから、お姉さんお兄さんに憧れるのかも?)
また、上の代の女性陣とも飲みたいな。


ちなみに、後輩のMちゃんも、ダンナさんの仕事の都合で、北海道へ引っ越す事が決定。
寂しいなぁ〜・・・。

ところで今回のことで、無性に心配になってきたことが1つ。
私もいつか、ダンナ様の都合で遠くへ引越すことになったら、どうしよう・・・・・・・。

どうか転勤のない人と結ばれますように。