IMG_7715

コロナの影響で
イレギュラーな日常が続いているこの数か月。


家にいる時間が長いので、
油断するとダラダラしてあっという間に1日が終わってしまいますよね



そこで、


もともと在宅ワークが多く、
フリーランス歴20年以上の私がやっている、
在宅ワークのダンドリ術を1つご紹介したいと思います。




それは


今日やるべきタスクを、
あらかじめタイミング分けしておくことです。





そう、昨日のブログでもご紹介した、
あな吉手帳術のやることシートの「タイミング分け」作戦と似ています。


あれを
デイリーシートにも応用するんです。



私の場合、カテゴリは、
【午前中(=頭を使う作業)】
【気分転換】
【単純ワーク】
【1階でやること】
【娘が下校してから〜夜】

などにしています。


IMG_7874
※大きいA4サイズのデイリーシートを使っている理由はこちら
【在宅ワークは巨大デイリーシートが大活躍






気が重い仕事は午前中。

集中力が必要な仕事も午前中に。



たとえば原稿を書いたり、重要なメールを書くときは、
絶対に午前中に取り組みます。


こうすることで、
午後は追われてる感が薄れて、
ゆったりとした気持ちで仕事できるし、
サボってても罪悪感はありません





というか、

お昼を食べた後は
ボーーーっとしちゃうんですよね〜〜〜



午前と午後ではまるで別人かと思うくらい、
午後の私はてんで使いものにならない。。。




IMG_7887


なので、
午後の自分にはあまり期待せず(笑)、

あまり頭を使わない仕事や
単純な作業は午後にまわします。




また、
頭を使う仕事が終わった後や
休憩の時は
【気分転換】【単純ワーク】のフセンに取り組みます。


気分転換の例…「Amazonで●●買う」「名刺の整理」「●●を調べる」など


単純ワークの例…「印鑑を押す」「資料を印刷する」「請求書を作る」など




ちなみにこのタイミングになるまで
なるべくLINEやメッセンジャーは開きません。





仕事部屋は2階なので、
「次に1階に下りたらやろう」と思うフセンは
【1階で】というカテゴリに貼っておきます。




また、夕方は子どもが帰宅するので
(今はコロナの影響で毎日家にいますが
夕方以降は1階でなおかつ
子どもがそばにいてもできる仕事や家事に取り掛かります。



IMG_7746
↑デスクの上にはこうしてブックエンドにデイリーシートを立てかけておきます。




こんな風にベストなタイミングを見計らって、

集中する時はとことん集中!

頭が疲れた時は単純作業!

疲れたらとことんダラダラする!


など
メリハリをつけて過ごしたいですね。







////////////////////////////////////////////////////

今後の開催予定


5月8日 ごきげん暮らし学第3期 ※満席
5月12日 ごきげん暮らし学第2期 ※満席
5月21日 手帳術グループコンサルAクラス 第2回


手帳術グループコンサル(1年コース)の仮エントリー受付中

講演や講座のご依頼、お問い合わせはこちらからお願いいたします


オンライン手帳フェスタの動画が発売になりました。
詳しくはこちら



IMG_6414
悩みやストレスが多い方、 どことなく満たされない気持ちになっている方は、 思考の整理術を学べる「ごきげん暮らし学」がおすすめです。


6月スタートの
第4期生にご興味ある方は、
↓こちらからご希望の曜日などを教えてくださいね(^^)/  
 第4期生 仮エントリーフォーム

正式なお申込みではないのでお気軽にどうぞ


ごきげん暮らし学の詳細
ごきげん暮らし学のご感想その1
ごきげん暮らし学のご感想その2 

 

////////////////////////////////////