DSC_2756

ナレーション原稿や司会台本を
事前に頂くことができた時は、

必ず
“自分が読みやすいように”打ち直します。



でも先日の司会台本は
なかなかの曲者でした〜!!


やたら漢字が多いのです(@_@;)。



だから片っ端から直しましたとさ。。。

こんな風に↓

・只今より →ただいまより
・開催致します →開催いたします
・御席のほうにご着席下さい →お席にご着席ください
・有難う御座います →ありがとうございます
・又 →また
・後程 →後ほど
・代表致しまして →代表いたしまして



この原稿を作った方は、
漢字を多用するクセがあるようです(^_^;)

もちろんどれも決して難しい漢字ではありません。


でもね、
本番でスラスラ読むには、


漢字とひらがな、カタカナのバランスは
とても大事なんです!

改行もガンガン入れます(笑)!



だから私の講座原稿は、白い部分が多い(笑)。
その分 ページ数も多くなる

でも紙の節約を考えるより、
よりスムーズに話す・伝えることが
プロとして大事だと思っています。

Fotolia_102116651_XS


皆さんも、
たとえば会議で何か発表する時や
挨拶原稿を読み上げる時などは、
自分が読みやすいように書き変えることをオススメします。



あ、そうそう
以前もブログに書いたように、
必ず声に出して読んでみることも必須ですね。

(※その時の記事はこちら
「人前に立って話す時の練習法」



ご参考になれば幸いです




/////////////////////////////////////

【片付けフセン術が掲載された雑誌・本】



夢をかなえる! 私のふせん術 (e-MOOK)








カラーで計6ページの特集


【便利帖シリーズ008】わたしが輝く! 手帳&ノートの便利帖 (晋遊舎ムック)
カラー4ページ 掲載