CIMG7672
去年の今ごろの写真。
あ、まだ例のウォーキングマシンがあった頃ですね(笑)



我が娘も、こども手帳を使っています。

おおむね、順調デス。



DSC_0693[1]


順調じゃない時は、たいてい原因がママのほうにあるんですよね。




私が忙しすぎて、「手帳、開いてみな〜」の一言を忘れてしまうとか。


ご褒美シールが終わっちゃったのに、買い足してないとか。



使い回しフセンがボロボロになってきたのに、私が作り直さなかったとか。



インデックスや見出しを作ってなくて、朝と夜のやることシートの区別がつかないとか。




―――こんなふうに、

娘の手帳が停滞する時は、たいてい『娘が手帳を開きたくなるような工夫』を私が怠っているせいなので、



逆にいえば、



ママがそこさえサボらなければ、
娘は手帳を見て自ら動いてくれるので、本当に助かることが多いです




ほんと、面白いくらいにうまくいく時もあって、拍子抜けするほど(笑)。






とはいえ、最初はシール帳同然でしたけどね


DSC_0697



でもけいこ先生いわく、

「最初はそれでOK。
まずはお子さんにとって、手帳がお気に入りの存在になるように」

というお話を聞いてたので、シール帳時代もあせらず過ごせました。





ママが勝手に作って「はい、今日からこれ使ってね」と押し付けるより、

作る過程から親子で一緒に、といのも、手帳熱を上げるポイントだとおもいます

CIMG7683


はりきって穴あけパンチを使って穴を開けたり、


「このマスキングテープがいい」などと選ぶのも、楽しいみたいです。



…そりゃそーだ。
大人だって楽しいんですから(笑)。
手帳カフェがその証拠?




さて。あれから約1年。

null

DSC_0695[1]



停滞した時期もありましたが、最近はまた順調です




なにしろ、ちゃんとやったことが、フセンという形で目に見えてわかるので、
本人も、達成感があって嬉しいみたい。



DSC_0311



つい最近も、夜、私が洗面所で顔を洗っていたら、

娘が「すごろくしたい〜〜〜」と言いだしたので、

「ちゃんと寝る準備してからね〜」と言ったら。



サッといなくなり、あれこれ何かやってる音がして・・


私が顔を洗い終わる頃、娘が再びやってきて、


無言で手帳をグイッと差しだしてきて・・・・ドヤ顏。




『ランチセットをだす』←保育園で使ったお弁当箱とスプーンとフォークをシンクに出すこと。

『園服をかける』

『パジャマに着替える』

『トイレに行く』


のフセンが、ちゃんとやり終えた側に貼り移されてました。




”これで文句ねーだろ”のドヤ顏なわけです(笑)。




残るは『歯みがきをする』のフセン。



「おー、偉いじゃん、パジャマももう着たんだね」と誉めたら、

「仕上げ磨きして!」と歯みがきをお願いされました。




うちの娘は、(手帳があっても)普段なかなか手こずるのが「歯みがき」なんですが


こうして、やり終えたフセンがずらっと並んでいると、
逆に、まだやり終えてないフセンが残ってるのが、本人としてもスッキリしないみたいです。



おかげで、自ら口を開けてくれる・・・


あぁ、こども手帳サマサマだわぁ〜(´▽`*)


★全国で人気のこども手帳が、7月20日、群馬で受講できる★

午後のワーク講座は満席となりました。
一旦満席となりましたが、キャンセルが出まして、あと1組ご用意できます!

基礎講座はまだ受付中です(^-^)


●7月20日(月・祝)in群馬
星野けいこ先生による『こども手帳講座』
午前:『こども手帳術  基礎講座 〜ママが怒らなくても、自分からやる子になる!〜』
午後:『夏休みの宿題はこども手帳術でサクサク乗り切ろう!実践講座』

詳細はこちら