3歳の娘のかかりつけの小児科には、お庭にすべり台があります。


当然 娘は「すべりたい!」と言うわけですが、
風邪をひいてるからお医者さんへ来ているわけだから、
当然、ママとしては

「お熱があるんだから 今日はダメよ」

となりますわな。



で、先週、インフルエンザの予防接種のために小児科に行ったときのこと。


またもや帰り際、「すべり台〜!」と言い出したので、私は、

「今日はチクン(注射)したばかりなんだから、走り回っちゃダメなのー」

と言いました。


すると。



「いつもいつもダメって言うけど、

じゃあ いつならいいの!!!!!!




3歳児、キレました・・・(笑)




私は思わずウッと言葉につまり、「・・・・そうだよねぇ・・・」と苦笑い。

じゃあ1回だけね、とOKしたのでした。




で、帰り道、冷静に考えてみました。

じゃあ 『いつならいい』のか(笑)。



熱がある時は、やっぱり安静にさせたいし〜

注射直後もダメよねぇ〜〜(当日のお風呂禁止の場合もあるし)


となると、そもそも小児科にすべり台があるって間違ってないか?


ーーーーと一瞬思いましたが。


あ、そーだ、予防接種の前に遊ばせればいいんだ!!
今度は、予約の時間より早めに来よう。


という結論が出たのでした。


それを娘に伝えると、


「うーん・・・・・でも大キライな注射の前に、遊びたくない・・・。
そのあとチクンするんでしょ・・・?」


と言いました。


・・・たしかに(笑)。


なんか3歳の発言にしては、いちいちごもっともで、
最近、驚かされます



さて、すべり台問題、どうしたものか。