著書【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】(朝日新聞出版)。働くママを応援すべく、『家事も仕事もぐんとラクになる!働くママのための時間整理術セミナー』や、『ズボラさん向けのお片付け・収納講座』、『ママのための話し方教室』などを開催。フリーアナウンサー歴20年目。あな吉手帳術トップディレクター講師。整理収納アドバイザー1級。

初めての方へ プロフィール 今後の講座・イベント 受講生さんの感想 問い合わせ

FMぐんま自慢の最新マシン?!その3

f5ce80d7.jpg














O部長は得意げに「このパンダがちょっとでも揺れていたら、地震。動いてなかったら、あなたの気のせいだから。ちなみに僕が作りました。」


す・・・・・・・・・・・・・・・・、




素晴らしい!!!


なんて画期的な地震観測器なんでしょう!

なんたって省エネ。

材料費はきっと100円足らず。

(っていうかあのパンダはたぶんお菓子のおまけだな。)

O部長、グッジョブ!!


今のところあのパンダが役に立ったことはないけれど、活躍する日が来ない方がいいのよね、うん。
明日も平和な生放送でありますように。

『ゴルフ始めました』

って何を今さら!というくらい遅いご報告なのだけど、須藤はゴルフをついに始めました
去年の11月からゴルフスクールへ通っているのであーる。


そう、ゴルフ。始めちゃったのよね

ウィークエンドパドックの共演者 須田鷹雄さんに、何度となくゴルフを勧められるものの、「お金がない」「皆さんと時間が合わない」などを理由に拒み続けいてたゴルフ。

しかしフリーアナウンサーの津島亜由子ちゃんに、彼女が以前使っていたゴルフクラブ一式&ゴルフバッグを頂き(人気キャスター津島亜由子が握っていたクラブのお古だよ?!ぜったい価値出るぞコレ)、須田さんにはパターのクラブとミニバッグを買っていただき・・・

もう、至れり尽くせりのこの状況。
これでも断り続けたら人間関係にヒビが入るというものだ。

で、ついに近所のスクールに入会。珍しく毎週1回通い続けてます。

・・・だって授業料高いんだもの、もったいなくてサボれないのよ

ちゃんと正しいフォームで習っているせいか、見る見るうちに上達し・・・、

と言いたいところだけど、突然違うクラブを持たされると(例えば7番アイアン→ドライバーとか、ドライバー→パターなど)、とたんに握り方からわからなくなって、一からまた教わり直し。

結局ちっとも上達しない。

しかも、通っているスクールはビルの屋内のフロアだから、狭いし、天井は低いので、遠くに飛ばしたり高く飛ばす事ができない。いつもすぐ先(5メートル弱?)の壁に向かって打つので、爽快感がないのだ。


・・・ということで正直、ちょっと飽きてきた(笑)。

でも幸い、私の周りにはゴルフする人がいっぱい♪
須田ファミリーはもちろんのこと、ゴルフのインストラクターやプロゴルファーの友達までいる。なんて恵まれているんだろう。今まで始めなかったのが不思議なくらいだ。

暖かくなったら早くコースデビューしてみたいものです。

ジングル君に再会!!

先日行われた高橋ディレクターの結婚式2次会で、須田鷹雄さんやグリーンチャンネル中継キャスターの浅野さん達と喋っていたら、そこへ私と同い年くらいの男性がやってきた。

浅野さんや須田さんはどうやらお知り合いの様子。

私は、なんとなーく見覚えのあるお顔だなぁとは思いつつも、
「初めまして、須藤ゆみです」と挨拶した。

「あ、どうも、PRセンターのT村と申します」


T村・・・・?

T村、T村・・・・・・・


「あーーーーーー!!!あのジングルの?!」

「は?」


―そう、彼こそが、TSSの放送中に「ジングル」と「ジングルベル」を間違えた人です。

※なんのことかわからない方は10月30日の日記を読み返そう!

約5年ぶりくらいの再会。
再会といっても、会ってお話したことは2度くらいしかないのだけど、とにかくその「ジングル勘違い事件」が私の中で強烈な印象に残っていたので、また会えたことに感激。

「T村さんって、あのT村さんでしょ?!お久しぶりです〜〜!」

「ええっ、僕のこと覚えてくれてたなんて嬉しいです!」

いやぁ、覚えてるもなにも・・・ホームページにあなたのネタ書かせていただいたくらい、忘れられない記憶です。

ジングル勘違いネタに触れてみたら、さすがにご本人はよく覚えていた。

「実はうちのホームページで紹介させて頂いたんです」と話したら

「え!僕のことを書いてくれたんですか!光栄です!さっそく今夜見てみます」

と言っていたけれど、

果たしてその後、ご覧になったのでしょうか・・・。

今のところ、連絡はない。

強烈なニックネーム

先日、古市(ふるいち)くんという男の子から突然(HP用に載せているアドレスに)メールが届いた。

彼は小学校・中学校の同級生で、3回くらい同じクラスになったことがある男子。
そう、男性の事を「男子」と呼んでた時代のこと。

卒業後一度も会っていないし、まして特別に仲が良かったわけではないから、本来なら印象薄いはず。が、彼には強烈なあだ名があった。

それは「ふるちん」。

あえて伏せ字にせず書かせていただきました(笑)

以前、サイト911放送中に「古市くんという男子も、変なニックネームで呼ばれていたなぁ。放送では言えませんが」と話した事がある。
勘のいいリスナーからは「もしかして【ふるちん】じゃない?」というお便りが来ましたが、もちろんそれも放送では紹介できず。

あ、でも念のため言うけど、発音は平板ではなく、語尾が下がる形ですから!「ゆみチン」と読むときと同じアクセントです。

とにかく、よっぽどそのニックネームが強烈なイメージだったのか、本当に彼のことはよく覚えている。

なので14・5年会っていない状態でもすぐに思い出せた。

ちなみに古市くんは、先日の講演の告知が載っていた広報を見て私のHPを発見し、メールをくれたそうな。

でも私のこと、よく覚えてるなぁ〜。
私には、特に変なあだ名はなかったはずなのに。

同窓会でもやりたいね、ふるちん!
information













<2018年:今後の予定>

http://sudoyumi.com/archives/4706887.html
twitter

QRコード
QRコード
プロフィール

須藤(すどう)ゆみ。
●著書【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】(新聞出版から発売)
●フリーアナウンサー
●整理収納アドバイザー1級
●あな吉手帳術 トップディレクター講師

<略歴>
FMぐんまのラジオパーソナリティーをはじめ、民放テレビ局などでレポーターやナレーターを務め、フリーアナウンサー歴は今年で20年目。
出産後は働くママのための講座もスタートし、「お片付け・収納講座」「手帳術セミナー」「美声・スピーチ講座」などの講師を務める。群馬県在住。お仕事のご依頼は、https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=EvjcjkAからお願いします

目次
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
ボイスサンプル
【ナレーション系】

クレジット3:「須藤ゆみです」





1:オーソドックス





2:明るいバラエティ番組





3:しっとり落ち着きある声





6:素朴な少女のささやき





5:ぶりぶり乙女







【声優系】

4:幼稚っぽくコミカル





7:女子高生のセリフ





8:少女とお姉さんの会話(1人2役)




楽天市場
  • ライブドアブログ