2017年に書籍【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】(朝日新聞出版)を発売。働くママを応援すべく、『家事も仕事もぐんとラクになる!働くママのための時間整理術セミナー』や、『ズボラさん向けのお片付け・収納講座』、『ママのための話し方教室』などを開催。フリーアナウンサー歴18年目。あな吉手帳術トップディレクター講師。整理収納アドバイザー1級。

初めての方へ プロフィール 今後の講座・イベント 受講生さんの感想 問い合わせ
スピーチが上達する一番の近道は、○○!
http://sudoyumi.com/archives/4643877.html

今度こそ家が片づく!魔法の手帳術
http://sudoyumi.com/archives/4430020.html

フセン活用術(他のサイトに飛びます)
http://www.beauty-co.jp/author/archive.html?id=20

夏休みの宿題

8月31日といえば、「最後の夏休みだから」と、ここぞとばかりに遊びに行く子、逆に、宿題に追われてる子、――その両極端に分かれる日。
私は間違いなく後者でした
「親に手伝ってもらう宿題 ナンバーワン」としておなじみの自由研究は、意外にも私の場合は、毎年 自力で頑張ったけれど、漢字の書き取り帳だけは、いつも母に手伝ってもらっていた。

漢字学習帳の1番上に 私が見本で漢字を書いて、
それを母がそっくりに書き写すのだ。

1つの漢字を20回くらい書き取りするので、母も大変だったろうに。

しかもうちの母は、書道の師範なので、達筆。

最初は私の字体を真似て、ぎこちなく書いてくれるんだけど、
さすがに途中で疲れてくるのか、だんだん大人の行書体になってくる。

最後は、どう考えても小学生が書く字体じゃなくなっていたけれど、
平然と先生に提出していた私。

やっぱりバレてたかなぁ…。

8月31日というと、そんなことを思いだします。

見どころたくさんのアテネオリンピック

とうとう、オリンピックも閉幕し、気がつけば8月も明日で終わり。
気温もすっかり涼しくなって…、
…なんだか、胸にぽっかり穴があいたような感覚を味わっているのは、私だけでしょうか

オリンピックの17日間、あっという間だったなぁ。
寝不足の日々が続いてつらかったけど、でも、夜更かし、あるいは早起きしたかいがあった。
特に男子体操の団体戦を見るために、早朝4時半に起きた時は1番きつかったけど、金メダルが決まった瞬間を生で見られたことがとにかく嬉しかったし、あんなに早朝からテンションがあがったのは初めてだった。


個人的に印象に残ってるのは、卓球の愛ちゃんと、柔道の横沢ゆき選手。
共に金メダリストではないけれど、試合を見ていて一番興奮しました。

愛ちゃんの幼い頃を思い出す、あの泣きそうな表情の初戦、
そして見違えるように強気な表情に変化した3回戦、4回戦!
かっこよかったなぁ


それから横沢選手の、準決勝でのラスト1秒での逆転にもシビれました。
そうそう、谷亮子選手の、ダンナさんへの投げキッスも衝撃的(笑)だったけどね

同性だからか、女性の活躍が特に印象に残ったオリンピックでした。


昨日のオリンピック最終日は、深夜の男子マラソンと閉会式まで見てしまったため、睡眠時間1時間のまま、「サイト911」スタート。
さすがに生放送中に眠くなることはないけれど、やはり午後から睡魔がおそってきました。

仕方ない、今日は早く帰って、たっぷり寝てから早朝に仕事をしよう。
…と思ったけど、夜中に台風16号が接近。

今回の台風はとにかく風が強くて、窓ガラスを叩きつける強風の音に、
何度も目が覚めてしまった。
本当に何度も。
結局この日も睡眠不足でした

男と女の友情

(※本人が書いていいっていうんだから、書かせてもらうぞ〜。)

思えば学生時代から「男女に友情は成立する論」を力説してきた私。
去年グアムに男友達3人と行ったときも、絶対 間違いが起こらない自信がありました。

「そうはいっても、男と女は何が起きるかわからないよ〜」

と茶化した人もいたけれど、

だってシリー(サークル名)だよ?

大学時代から かれこれ10年の付き合いだよ?

いまさら恋愛感情なんて生まれないよ〜アハハハ

・・・・と笑っていました。


しかしっ。

男と女は!


――本当に何が起きるかわからないのである



というのも、
私が所属するテニスサークル「シリー」内で、このたび、新しいカップルが誕生したのです!!

出会って10年経った今になって、新カップル!!

これがどれだけ衝撃的か、わかって頂けますか!!!

そりゃぁ学生時代は、サークル内でのカップルは多かったけど(もちろん私も)、たいていが、卒業後しばらくして別れちゃうか、あるいは現在までずっと続いているか、のどっちか。

しかし、まさか今さら「新たな」ロマンスが生まれるとは、誰も予想していなかったはず!


ということで、「僕達、付き合うことになりました」というお披露目会をかねて、今日、サークルの飲み会が行われました。

彼女のM子は仕事の都合で遅れることになっていたので、彼氏のT君は
「実は、俺、彼女ができたんだ。もうすぐこの店に来る」と言いました。

みんなは 「えー?連れてくるってことは、まさか俺達の知ってる子?!」と、
それだけでもびっくり。

そして、ついにM子が現れた時は、


「えええええーーーーーーーーーーーーーー!!!!」


と、もんのすごい大声があがりました。

それくらい意外で、びっくりで、衝撃的で、たまげたのです、みんな。


そりゃそうだよなぁ〜。

私だって最初にM子からメールで報告された時、あまりの驚きに興奮して、なかなか寝つけなかったもの(笑)。

間違いなく、シリー史上、最大のニュースです。


でもなんだか、感動した。
出会ってからこんなに時間が経ってから生まれる恋愛感情もあるんだなぁ…って。
いやぁ〜〜男と女って不思議★


となると?

私も、今すでに出会ってる人の中で、新たな感情が芽生える可能性があるってことか?!


うーん、、、、、、、、、一体どこに? 

っていうくらい、想像つかないんですけど

涼風真世の舞台鑑賞

今日は私の大好きなミュージカル女優、涼風真世が出演している舞台
「恋風の街」を見た。

3〜4年前から、彼女が出る舞台は必ず見に行っているけれど、残念ながら今回はミュージカルではなく、演劇。だから彼女の歌声が聴けないのが残念!!

今年で44歳とは思えないくらい美しい涼風さんは、今回27歳くらいの役。

実年齢より若い役を演じるのは舞台ではよくあることだけど、それでも本当に27に見えるからすごい。
本当にすごい。
脚は長いし、ウエストは「きゅっ」!肌も皺ひとつないように見える。
かっこいいなぁ


それにしてもこの手の大衆演劇は、チケット代がバカ高いのが難点です・・。
今回はミュージカルではないので1万円切ったけど、私が去年見たミュージカル「ミー・アンド・マイガール」は1万2千円。
しかもとても感動して、2回見に行っちゃったので、2万4千円!!
大きい出費!!


映画なら2回見たって、3600円。
舞台でも、小劇場なら3〜5千円くらいで済む。

それに比べて大衆演劇って、中年男女の観客が多いせいか、とにかく高い。
しかも休憩時間がやたら長くて(30分以上)その時間に劇場で販売されているお弁当を食べるのが、その世界のツウ、というかステイタスらしい。


そしてこのお弁当がこれまた高い!
3000円とか5000円もするのだ。(当然、私は1度も食べたことがない)

完全に、お金持ちのオバサマ方がターゲットなのよね・・・。

でも中には私のように、20代で舞台の魅力にハマっちゃう貧乏人もいるんだから、学生割引ならぬ、「20代割引」とかあればいいのになぁ・・・。

information













<2018年:今後の予定>

http://sudoyumi.com/archives/4706887.html
twitter

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
プロフィール

須藤(すどう)ゆみ。
●著書【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】(新聞出版から発売)
●フリーアナウンサー
●整理収納アドバイザー1級
●あな吉手帳術 トップディレクター講師

<略歴>
FMぐんまのラジオパーソナリティーをはじめ、民放テレビ局などでレポーターやナレーターを務め、フリーアナウンサー歴は今年で18年目。
出産後は働くママのための講座もスタートし、「お片付け・収納講座」「手帳術セミナー」「美声・スピーチ講座」などの講師を務める。群馬県在住。お仕事のご依頼は、yumisudo@goo.jpへお願いいたします。

ボイスサンプル
【ナレーション系】

クレジット3:「須藤ゆみです」





1:オーソドックス





2:明るいバラエティ番組





3:しっとり落ち着きある声





6:素朴な少女のささやき





5:ぶりぶり乙女







【声優系】

4:幼稚っぽくコミカル





7:女子高生のセリフ





8:少女とお姉さんの会話(1人2役)




目次
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ