2017年に書籍【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】(朝日新聞出版)を発売。働くママを応援すべく、『家事も仕事もぐんとラクになる!働くママのための時間整理術セミナー』や、『ズボラさん向けのお片付け・収納講座』、『ママのための話し方教室』などを開催。フリーアナウンサー歴18年目。あな吉手帳術トップディレクター講師。整理収納アドバイザー1級。

初めての方へ プロフィール 今後の講座・イベント 受講生さんの感想 問い合わせ
スピーチが上達する一番の近道は、○○!
http://sudoyumi.com/archives/4643877.html

今度こそ家が片づく!魔法の手帳術
http://sudoyumi.com/archives/4430020.html

フセン活用術(他のサイトに飛びます)
http://www.beauty-co.jp/author/archive.html?id=20

素晴らしきかな、早とちり。

10月30日(土)、
テニスサークルのメンバーでカラオケに行った。

カラオケの時はいつも赤羽駅周辺に住む人が中心で、
たいてい顔ぶれは同じなのだけど、

この日は珍しい人が来た。

神奈川県に住むマル(男)だ。



当日、私が待ち合わせ場所に行くと、
そこにはまだマルしかいなかった。


「マルがカラオケのためにわざわざここまで来るなんて珍しいね」

と言ったら、

「いや、だってさ、S井(今回の幹事)がなんか相談があるっていうから。」

「え、相談?」

「S井がメールで、『相談があるからどうしても来て欲しい』みたいな事を書いてきたから、なにか深刻な悩みでもあるのかなと思って。
他の用事をキャンセルして来たんだ」

という。

私はびっくり。


え、今日ってそういう(真面目な)集まりなの?!
やだ、すっかり歌う気マンマンで来ちゃったよ〜」

と、私はちょっとあせった。


「ああ、メールは結構まじめな文章だったよ。
あいつが相談だなんて、なんだろうな・・・」

「うーん、仕事関係かなぁ・・・」



そんな会話をしてるうちに、S井くん登場。
マルと私は直球で聞いた。

「S井、相談ってなんだよ」

「いい話?悪い話?」

するとS井は

「は?何が?」

とキョトンとした表情。

マルは”おまえのメールを読んで心配で来たんだ”と伝えると

「ええ??俺、そんな事言った覚えねーよ?」

「だってメールに書いただろ?!だから俺、わざわざ川崎からここまで来たんだぜ?!」

「知らねーよ。書いてねーよ〜」
と、話が噛みあわない2人



納得いかない顔でマルは
携帯電話を取り出して、「ホラ!」と差し出した。


そこには。。。。。



『10月30日、カラオケ同好会で集まりたいと思います。
お忙しいところ申し訳ないのですが来ていただけませんか?
時間は要相談で』




いたってフツーのメールだけど・・・・


いや、しかし。

ちょっと待って。




『時間は 要相談で



『時間は 要相談で』



『時間は 要相談で』



・・・そう、
これをマルは相談があると早とちりしたらしい。



S井いわく
「マルは川崎在住でみんなより遠いから、
悪いなと思ったからさ、わざと頭さげて丁寧な文章で誘っただけだよ」と。



マルは誤解に気付くと、

「なんだよぉ〜〜〜!俺、他の約束を断ってまで来たんだぜぇぇぇぇ〜〜」

とプンプン怒りながらうなだれていたが、


うーん・・・・どう考えても、
アホなのはマルだな




本日のFMぐんま「サイト911」について

どれだけのFMぐんまリスナーさんがこのホームページを見ているかわかりませんが、一応、こちらでご報告。

今日のFMぐんま「サイト911」では、「リスナー大感謝ウィーク」1つとしてアンケート募集企画があり、皆さんから数百通のメール&FAXを頂きました。

が、放送中(10時40分)に地震があったため、本来エンディングで紹介するはずだったたくさんのお便りや、アンケートの結果、明日のテーマの発表などは、すべて自粛し、
地震情報を最優先させていただきました。

たっくさんのお便りを頂いていたのに、お名前さえもご紹介できなくてすみませんでした。
どうぞご理解ください。

明日は宮本ゆみ子さんにバトンタッチです。
明日もぜひ参加してくださいね!

新潟で震度6強

東京もかなり揺れました。
というか、まだ揺れています。

今日、私が体感したものだけで7回以上。

群馬の実家に電話したら、群馬は震度5の場所もあったとのこと。
母は「今まで生きてきた中で1番揺れた。すごく怖かった」と話してました。

今後も1週間程度は大きな余震が起きる可能性があるというから、油断できません。
(まして私は明日から群馬入り。)

被害がこれ以上大きくならないことを祈ります。

大誤算の石垣島

79751c6f.jpg










先週、私は遅ればせながら夏休みを頂いて、沖縄県の石垣島へ行ってきました。
高校時代からの友達Aちゃんと、2泊3日の旅。

去年のグアム旅行は初めての海外だったからネタに困らなかったけど、
今回は無難な旅日記になるだろうなぁと思ってました。


が。



ネタどころか、大きな大きなアクシデントが初日に起こりました。



飛行機の出発時間30分前に羽田空港へ到着していたにも関わらず。



チェックインしたにも関わらず。




なんと。






・・・・・・・・・・・・・・乗り遅れたのです。





事の始まり(?)は、出発の前日、10月11日。

普段「良くて二連休」の私は、以前から『大型連休がとれたらやりたいこと』が1つありました。

それはネイル。

本来マニキュアは、ベースコートからトップコートまできちんと塗れば、
最長2週間は持つのだけど、私はいつも3日と持たない。

というのも、FMぐんまのレコード室で週3日選曲していると、毎週100枚近くのCDを扱うので、ケースを開ける時やCD&ブックレットを取り出す時に必ず爪が触れてしまい、塗ったばかりのマニキュアもすぐ剥がれてきてしまうのです。

でも今回は1年ぶりの6連休!

「よ〜し、普段はなかなかできない、めっちゃくちゃ凝ったデザインのネイルアートにしてもらおう!」
と意気込んで、久々にネイルサロンへ。


――しかもこのネイルが、翌日の悲劇を生むことになるのです・・。


さて出発日

朝のラッシュ時間にぶつかってしまったため、電車を2本見送ったものの、それでも飛行機の出発時間30分以上前には羽田空港に着いていました。
これは確かだ。はっきり覚えている。

続いてチェックイン。
機械の自動チェックインにチケットを入れると、「お席をお選びください」と表示。
てっきり席は予約済みだと思っていたから驚きました。
しかも、2人並んで座れる席はもうないじゃないの!
いろんな席を探してみたけど、やはり空いているのは離れ離れの席。
あきらめて、1番近い斜めの席をとりました。

この作業にだいたい5分くらいかかったかな。


・・・と思ってたけれど、ひょっとしたら10分くらい経っていたのかもしれない、今思うと。


さて、実はこの日Aちゃんは、家の鍵を閉めてくるのを忘れてしまったという。
そこで、104番で大家さんの電話番号を調べて、大家さんに鍵を閉めてもらうというので、私は

「じゃぁその間、マニキュアを塗りなおしてくるね〜」

とトイレに向かいました。
そう、実は早くもマニキュアがちょっと剥がれてきていたのだ。
これにはガッカリ。4000円も払ったのに、24時間も持たなかったなんて。

トイレの洗面所で、剥がれてきたネイルを塗りなおし、さらに10本の指全てにトップコートを塗りました。
ほんの5分くらいのつもりでした。

しかしこれも、今考えてみると、8分くらい経っていたのかもしれない・・・。

が、どういうわけかこの時の私は「出発まで時間はまだまだある」と思いこんでいたため、時計も見ずノンビリモードで、Aちゃんの所へ戻りました。

するとAちゃんが

「ねぇゆみ、出発って何時だっけ?」

「9時55分だよ」

「え、もう55分だよ?」

ええっ!!



いきなり猛ダッシュする2人。



いやぁ〜走った、走った。

あんなに全力で走ったのは久しぶり。



ーーー何がどうなってそんな時間になってしまっていたのか、
今考えてもはっきりとした原因が思い浮かびません。

チェックインにモタモタしたのと、マニキュアくらいしか思い出せないのよ、本当に。
やっぱりこの2つが原因か?

でもそれにしたって、30分も空港内でのんびりしてた記憶はないんだけどなぁ・・・うーむ不思議だ。

ちなみに、Aちゃんにいたっては、出発時間を10時5分だと勘違いしていたという。

しかし今回の旅行は、チケット管理もレンタカー予約もマリンスポーツも、すべて私がいろいろ管理していたので、Aちゃんが飛行機の時間を把握していなくても無理はないのだ。


とにかく走った。

が、そんな時に限って、身体チェックで「キンコーン」と鳴ってしまう。

しかも、Aちゃんまで「キンコーン」。


「お客様、現在、警備強化月間ですので、申し訳ありませんが靴も脱いでいただけますか?」


2人ともスニーカーだったので、ヒモを結び直すのに更に時間がかかる。

ああっもう!飛行機が行っちゃうじゃないの!



とにかく、走って走って、ようやく搭乗口が見えてきた。

遠くでグランドホステスのお姉さんが

「9時55分の那覇行きに乗られるお客様いらっしゃいますか〜〜〜」



と叫んでいる声が聞こえたので、

「はいはいはーーーい!」

と手をあげて、最後の追い込み。

そして、ついに搭乗改札口に着いたと思ったら、冷酷なお姉さんの言葉。



申し訳ございません。もうご案内できません


「え!」


で、でも、窓のすぐ外に、飛行機まだいるじゃん!


「もう離陸準備に入っておりますので、本当に申し訳ございません。
何度も放送でお2人をお呼びしたのですが…」


言葉は丁寧でも、顔は「おまえらがおせーんだよ。バーカ」とでも言いたそう。



「つ、次の飛行機って何時ですか・・・」

「次にご案内できるのは11時5分発です。ただし石垣島への乗り継ぎは那覇空港で1時間ほどお待ちいただくことになります。石垣島へ到着するのは15時45分ですね」


着くのは夕方・・・。

となると午後2時から予約していた「カヌー体験ツアー」はキャンセルかぁ…、がーん。

さらに追い討ちをかける旅客係員のお姉さん。

「お客様のチケットはツアーパックで予約されたものですので、こちらはもうお使いになれません。次の飛行機にお乗りになる場合はもう一度正規料金でチケットを買っていただく事になりますが、よろしいですか?」

「はぁ・・」

この1〜2万の出費は痛いなぁ・・・と思っていたら、

「そうしますと、お一人様5万4000円になります。」


・・・・・・ご、ごまんよんせんえん??!?!?!


本気で耳を疑った。

だって今回のツアー、「合計」で5万2000円のツアーだったのです。
この中に往復飛行機代とホテル2泊&朝食分が含まれていました。


なのに正規料金だと、片道の飛行機だけで、それを越えるというの?!


ショーーーーーック!!!!


・・・・・私は目の前が真っ白になり、フラ〜っとまるで魂を吸い取られたような感覚で、言葉も出ない。
Aちゃんもがっくりしていたけれど、「・・・・でも行かないわけにはいかないんだから、しょうがないよ・・・」と。


というわけで正規料金5万4千円を払って乗った次の飛行機では、
幸いAちゃんと隣の席に座ることができたものの、乗り遅れたショックで機内では口数少なく、2人ともシュン…としていました。


しかし石垣島に着いたらようやくテンションもあがり、まるで乗り遅れた事なんてなかったかのように、盛り上がった。

特に2日目は、海で体験スキューバダイビング(シーウォーカー)、パラセーリング、カヌー、シュノーケリングなどマリンスポーツ三昧だったため、はしゃぎまくくりでした。

とっても楽しかったです。



・・にも関わらず・・・・・、


3時間に1回くらい思い出すんです、


「でもこの旅行には10万かかってんだよな…」


って。


しかも、マリンスポーツ代&食事代&お土産代を加えると、
しめて今回の旅行、合計約15万円なり!
とても2泊3日の旅行とは思えない金額。


念のため言いますが、「国内」旅行です(苦笑)。


皆さんも飛行機の乗り遅れは、十分気をつけて!!!
information













<2018年:今後の予定>

http://sudoyumi.com/archives/4706887.html
twitter

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
プロフィール

須藤(すどう)ゆみ。
●著書【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】(新聞出版から発売)
●フリーアナウンサー
●整理収納アドバイザー1級
●あな吉手帳術 トップディレクター講師

<略歴>
FMぐんまのラジオパーソナリティーをはじめ、民放テレビ局などでレポーターやナレーターを務め、フリーアナウンサー歴は今年で18年目。
出産後は働くママのための講座もスタートし、「お片付け・収納講座」「手帳術セミナー」「美声・スピーチ講座」などの講師を務める。群馬県在住。お仕事のご依頼は、yumisudo@goo.jpへお願いいたします。

ボイスサンプル
【ナレーション系】

クレジット3:「須藤ゆみです」





1:オーソドックス





2:明るいバラエティ番組





3:しっとり落ち着きある声





6:素朴な少女のささやき





5:ぶりぶり乙女







【声優系】

4:幼稚っぽくコミカル





7:女子高生のセリフ





8:少女とお姉さんの会話(1人2役)




目次
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ