2017年に書籍【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】(朝日新聞出版)を発売。働くママを応援すべく、『家事も仕事もぐんとラクになる!働くママのための時間整理術セミナー』や、『ズボラさん向けのお片付け・収納講座』、『ママのための話し方教室』などを開催。フリーアナウンサー歴18年目。あな吉手帳術トップディレクター講師。整理収納アドバイザー1級。

初めての方へ プロフィール 今後の講座・イベント 受講生さんの感想 問い合わせ
スピーチが上達する一番の近道は、○○!
http://sudoyumi.com/archives/4643877.html

今度こそ家が片づく!魔法の手帳術
http://sudoyumi.com/archives/4430020.html

フセン活用術(他のサイトに飛びます)
http://www.beauty-co.jp/author/archive.html?id=20

末岡アナ

(※3月29日(火)の日記から)
この日の夜、FMぐんまの末岡アナ(女性)の送別会が行われた。
末岡アナを知らない方のために簡単に言うと、彼女はアナウンサーらしからぬ、個性あふれる ぶっとびキャラだった。放送中も珍言や失敗が絶えず、たびたびスタッフに注意されていたものの、私は彼女の元気なキャラが大好きだったし、個人的には、ソツのない淡々としたアナウンサー調の喋りよりも、勢いのある末岡のレポートのほうが味があって好きだった。
それに・・・・。なんか最近ついにFMぐんまでもバレつつあるのでこの際白状してしまうけど、末岡って数年前の私にそっくりなのよね、、、、、(笑)。
TSS(番組名)時代の須藤ゆみを知ってる方ならよくご存知の通り、当時 私は「ド天然」と言われていた。
そもそもまだ新人だったので、喋りも未熟で叱られていたし(今もか)、須藤の珍言集ができてしまうほど失敗も多かった。でも同時に、スタッフや共演者に可愛がって頂いたり(自分で言うなって?)生放送で私が発言するたびにリスナーに爆笑されていた。

そういえば当時、ディレクターの近藤さんと共演者の見栄晴さんが、「私」が原因でケンカしたことがあった。
近藤さんいわく、「須藤は、あの天然キャラが面白いんだから、もっとノビノビ喋らせてやろうよ!」
しかし見栄晴さんいわく「いや、今は『天然』で許されても、今後 本当にゆみを成長させたいなら、もっと厳しく注意していかなくちゃダメだ。だいたい近藤さんがゆみを甘やかすから・・・」
などと、私のせいで2人がケンカしてしまったのだぁぁぁぁ。2人の間に挟まれた私はただオロオロ。
『ケンカをやめて〜〜2人をとめて〜〜♪私のために〜争わないで〜〜♪  BY 竹内まりや』・・・ちょっと違うか(笑)。
でもとにかく近藤さんにしろ見栄晴さんにしろ、私のことを思ってのことだったので、今でも深く感謝しています。(ちなみにこのときのケンカを冷静に仲裁してくれたのが、血統評論家の水上学さんだった)

――とまぁ、私の『天然キャラ』には賛否両論(???)があったようなのだけど、ようやく大人になってきた今日この頃。Site911しか聴いたことのない人にとっては「須藤さんが昔そんなキャラだったなんて信じられない」と思うかも?でも逆にあTSS時代を知っているスタッフにとっては「あの須藤が1人で2時間の生放送を担当しているなんて、信じられない」といまだに驚いてるし(笑)。

というわけで、末岡を見てるとそんな昔の自分がよみがえってきた。同時に、「私はいつからこんな守りに入った喋りになってしまったのかしら」とちょっと反省したり。
そりゃぁなんでも無鉄砲がいいというわけではないし、もちろん上手く喋れるのに越したことはないけれど、個性のないただのトーキングマシンにはなりたくない。怖いもの知らずの末岡だからこそ言えた発言、笑いにつながったレポートなどもたくさんあったのだ。もちろん彼女ならではの独特の感性も面白かったし。

さて、そんなパワーあふれる末岡は、昔からの夢を叶えるために旅立ちました。きっと今も、彼女らしいペースで元気に頑張っていることでしょう。頑張れ〜!

恋愛はタイミングも大切

(※3月17日の日記から)
実は私は短大時代、シリー以外にもう1つ、「WOODY CLUB(ウッディクラブ)」というテニスサークルに入っていた。卒業までちゃんと在籍していたにもかかわらず、この日記でウッディの話題が全然出てこなかった理由は、現在はシリーの仲間とばかり遊んでいるからかなぁ。(でもウッディも大好きだったの、本当に。)
シリーが『体育会系のテニス部』ならば、ウッディはいわゆる『大学の軟派サークル』という感じだったけど、きちんと活動していたし、みんな楽しく明るい人たちばかりだった。

で、この日はそのウッディの当時の元・会長、A井先輩(男)&同期のKちゃん(女)と久しぶりに再会する約束をしていたんだけど、Kちゃんがインフルエンザにかかってしまったため、急きょA井先輩と2人でランチすることに。
約7年ぶりくらいの再会だったので、待ち合わせ場所ですぐ見つけられるか心配だったけれど、お互いまったく変わってなかったようで、すぐ発見できて一安心。
A井先輩は私がアナウンサーのような仕事をしていると聞いていたせいか、「すっげー高飛車なオネエ系になってたらどうしよう」と不安を抱いてたらしいが「なんだ、全然変わってないなぁ。安心したー!!」と笑っていた。
空白の7年間を報告しあったり、サークル仲間の近況を聞いてるうちに、あっという間に三時間弱が過ぎていた。
次回は、Kちゃんも含めて3人で大学へ遊びに行こう!と盛り上がった。卒業以来、一度も大学へは行っていないので、思い出のいっぱいつまった学校へ久しぶりに遊びに行ってみたいのよね。意味もなく掲示板を眺めて休講のお知らせなどをチェックしたり(笑)、当時サークルの集合場所だった学食でランチを食べようという計画。
・・・・・・・でも・・・きっと浮くよねぇ・・・。


ちなみに私は短大1年の頃、このA井先輩が好きだった。毎日、先輩に会えるのが楽しくて楽しくて、授業のない日までわざわざ大学(&サークル)へ行く日もあったっけ。
で、秋に告白しよう!と心に決めていた。
→が、10月に、私は他に好きな人ができてしまった。(片想いだけれど)
→なので、先輩に告白する計画は白紙に。
→ところが、12月にA先輩に告白された。
→私の気持ちはもう違う人にいっていたので、断ることに。

あっちゃぁ〜〜〜〜〜〜〜〜〜なんてバッドタイミングなんだろう!!

――ということで、『サイト911』でも何度か言ってるように、恋愛はタイミングがとってもとっても大切です!!
私はA井先輩以外でも似たような「バッドタイミング」を経験している。
高3の時。1学期が終わるころ、「ゆみちゃんとT君って両思いだよね」と皆にも噂されていたのに、夏休みが終わって2学期になったら、彼が妙にそっけない。あとで聞いた話によると、彼は8月31日に中学の同窓会があり、中学時代好きだった女の子と再会して、気持ちが再燃してしまったという。ああ、1学期中に告白していれば・・・・。
はたまた社会人になってからは、好きな人に告白したら「あと3日 早く言ってくれれば考えたのに・・・」と言われた。(←3日前に他の女の子に告白されて、付き合い始めたばかりなのだという)
バッドバッドタイミング。

まぁ今となってはすべてが、「あれでよかったんだ。」と思えるけど、当時は「アイタタタタ・・・・もっと早く告白してれば」ということが多すぎる。

皆さん、タイミングを逃さないように!!


憧れの芸人とコンパなるか?

職業柄、友達に「ゆみ、誰か芸能人紹介してよ」とか、「イケメン俳優と合コン話があったら絶対呼んでね!」と言われることがあるけど、そもそも合コンがそんなに好きではない私は腰が重く、特にここ1年くらいは、コンパの幹事はもちろん、出席すらしていない。
ところが先日、高校時代からの友達Tちゃんからメールが来た。
以下、Tちゃんとのメールのやりとり。
「ゆみって、お笑い芸人に知り合いっている?」
「うーん、まぁ何人かなら…」
「わたし今、すっごい好きな芸人さんがいてね、いろんなツテをつたってどうにかその人にたどり着けないかと思ってるんだけど…」
「へぇ、誰のファンなの?」
「今や超売れっ子の芸人さんだよ。教えたら協力してくれる?!」

と、もったいぶるくらい、本気でLOVEなんだそうな。

「えー、誰?誰?」としつこく聞いたところやっと教えてくれた。

「…誰にも内緒だよ?!…波田くんです」



……なみた君??




とマジボケしたくらい、意外できょとんとしてしまった。
だってTちゃんは学生時代、学年でベスト3に入るくらいの超・美人さんだから・・・
(いや、私も波田陽区は割と好きなルックスなのだけど)
波田陽区を「波田くん」と呼ぶあたり、かなり本気モードなのでしょう。
うーむ、、Tちゃんのために一肌脱いであげたいところだけど、私の少ないコネで果たして波田陽区までうまいことたどり着けるかどうか……。乞うご期待?!



誕生日でした。

いまさらなんですけど、先日、2●回目の誕生日を迎えました。
メッセージやプレゼントなどを送ってくださった方々、本当にどうもありがとうございました。
本当に本当にありがとうございました!!


ちなみにこのHPでは毎年恒例となっている4月1日エイプリルフールネタですが…。
今年も「大嘘」をやらかしたかったのだけど、あの時はイレギュラーでFMぐんまに一週間軟禁(?)状態だったもので、ホームページをいじる余裕がありませんでした。
ネタはいくつか考えてたんだけどね…。ざんねーーん!!
来年をお楽しみに〜。
information













<2018年:今後の予定>

http://sudoyumi.com/archives/4706887.html
twitter

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
プロフィール

須藤(すどう)ゆみ。
●著書【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】(新聞出版から発売)
●フリーアナウンサー
●整理収納アドバイザー1級
●あな吉手帳術 トップディレクター講師

<略歴>
FMぐんまのラジオパーソナリティーをはじめ、民放テレビ局などでレポーターやナレーターを務め、フリーアナウンサー歴は今年で18年目。
出産後は働くママのための講座もスタートし、「お片付け・収納講座」「手帳術セミナー」「美声・スピーチ講座」などの講師を務める。群馬県在住。お仕事のご依頼は、yumisudo@goo.jpへお願いいたします。

ボイスサンプル
【ナレーション系】

クレジット3:「須藤ゆみです」





1:オーソドックス





2:明るいバラエティ番組





3:しっとり落ち着きある声





6:素朴な少女のささやき





5:ぶりぶり乙女







【声優系】

4:幼稚っぽくコミカル





7:女子高生のセリフ





8:少女とお姉さんの会話(1人2役)




目次
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ