2017年に書籍【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】(朝日新聞出版)を発売。働くママを応援すべく、『家事も仕事もぐんとラクになる!働くママのための時間整理術セミナー』や、『ズボラさん向けのお片付け・収納講座』、『ママのための話し方教室』などを開催。フリーアナウンサー歴18年目。あな吉手帳術トップディレクター講師。整理収納アドバイザー1級。

初めての方へ プロフィール 今後の講座・イベント 受講生さんの感想 問い合わせ
スピーチが上達する一番の近道は、○○!
http://sudoyumi.com/archives/4643877.html

今度こそ家が片づく!魔法の手帳術
http://sudoyumi.com/archives/4430020.html

フセン活用術(他のサイトに飛びます)
http://www.beauty-co.jp/author/archive.html?id=20

セミヌード?!

今週の週刊「ギャロップ」の表紙を見て、口をアングリ開けてしまいました
確かあれは競馬雑誌でしたよねぇ・・・?

なんだかレジに持って行きにくくて、今週はまだ買ってません・・・

お刺身

34b58009.jpg












罰ゲームの放送日は今夜

11c425f7.jpg












先週収録した罰ゲーム(私の大嫌いな魚介類を食べるの巻)の放送日が決定。
『ウィークエンドパドック外伝』1月28日金曜日 22:30〜23:00
ラジオNIKKEI(ラジオたんぱ)第1放送にて。

最終回後の特別バージョンということで、出演者もスタッフも、誰もがノーギャラです。
なので、これといった構成や台本もなく、ダラダラしたトークが延々続く30分ですが、どうかご了承を。
ラジオたんぱの聴けるラジオをお持ちでない方も、ホームページで聴く事ができます。


・・・ただ1つだけ、先にどうしても言い訳させて頂きたいことが。

今回、グリーチャンネル中継キャスターでおなじみの長谷川雄啓さんのご実家がお寿司屋さんであるということで、長谷川さん&ご両親にご協力いただいて、そのお店で収録したのですが・・・。


予想外だったのはーー、収録中、ずーっとご両親も近くにいらっしゃったのですよ

そんななかでアナタ!

「まずい!」とか「人間の食いモンじゃなーい!」「気持ち悪い」「生臭い」「オエッ」・・・なんて叫べますか?

・・いえ、無理ですとも。

長谷川さんはこれまた驚くことに、寿司屋の息子なのに魚介が食べられない方なので、

「うちの親はそーいうの(魚嫌いな人間)は、俺で慣れてるから、大丈夫だよ、気にしないで。素直に感想言っていいよ」

とは言ってくださったものの、

常識で考えて、やはり作ってくださった人の目の前で、「まずい」というリアクションはとりにくいものです。
でも本当に本当に嫌いな食べ物だし・・・。さぁ困ったどうしよう

須田さんは「もっと何か表現しろ」とおっしゃってましたが、いや、それもごもっともなんですが、
でも、無理ですってば、あの状況じゃ(笑)

ーーーで、なんとも微妙な微妙なリアクションの30分になってしまいました。

というわけで、

「何かリアクションしなくちゃ・・・。あ、でもご両親が見てるし・・・」

この辺りの須藤の葛藤などをぜひお楽しみくださいませ。


ちなみに、今回、つくづく思ったのですが・・・
好き嫌いのない人はたいてい、
「どうせ安いものしか食べた事がないからだ」
「これは苦手!という先入観をきっと持ちすぎなんだよ。」
「食べてみたら、あら結構いける♪ってこともあるかもよ」

ーーって、言うじゃなぁぁい??


でも・・・

嫌いな食べ物がない人には、
嫌いな食べ物を食べさせられる苦しさは絶対わかりませんからぁぁーーっ!!
ざんねーーーん!!

場立ちの裏話&映画のレイトショー

今日はグリーンチャンネル「明日のレース分析」の場立ちコーナーに出演した。
今回で5回目の出演。

いつもなら金曜日にウィークエンドパドックの収録で須田鷹雄さんにお会いしていたので、ついでに場立ちの台本をチェックしてもらっていたけど、番組が終わってしまった今はそうもいかず、
今回は、初めて、誰にも原稿を事前にチェックしてもらうことなく出かけたのだった。
(木曜の罰ゲーム収録のときは、そんな暇なかった)

よっぽど須田さんに電話でチェックしてもらおうかと思ったが、決して暇ではないだろうし、「そろそろいい加減、ひとり立ちしろ」と思われるかもしれないなぁと思い、やめておいた。

(しかし、「1月生まれの騎手」とか「酉年生まれの騎手」などのデータは、須田さんが調べてくださった。一番面倒な作業をやってくださった事に、感謝感謝!)


そんなこんなで当日。
さすがに、本当にこのまま誰にもチェックされずに本番を迎えるのは、絶対、危険。絶対。

須藤ゆみを甘く見てはいけません。・・・それは自分でもそう思う。


そして、予感的中。

ラッキーなことに、この日はスタジオにウィークエンドパドックの元ディレクターTさんがいたので、彼にリハを軽く見てもらったのだけど、そこで1つ、須田さん提供のデータを、私が勝手に間違って解釈していたことが発覚した。
詳しく説明すると長くなるので、ごく簡単にいうと、Tさんのツッコミはこうだった。

「ジェイドロバリーも、ブライアンズタイムも、平安ステークスなんか走ったことねーよっ」


ほーらね、私を甘く見ちゃいかんのよ


・・・・って開き直ってる場合じゃなくて!!

リハの段階で発覚したため未遂で済んだけど、いやぁ・・・大恥かくところでした。


ちなみに今日は、「アフターレーシングカフェ」の本番を終えたばかりのタレント矢部美穂さんと初対面。

なんと私を見て、あちらから話しかけてきてくれた。

「巫女さんの格好で風水の予想してる方ですよねー?」

「ええっ、なんでご存知なんですか」

「私、前から結構グリーンチャンネル見てるんですよー」


なんて光栄なんでしょ★有名人に覚えてもらえてるなんて。

それにしても、今回といい、先日ウインズで「巫女さんだよねー」と声をかけられた件といい、
やはり巫女衣装はインパクトがあるようだ。

実は以前、「毎回毎回 巫女衣装じゃ芸がないから、たまには違う衣装で・・・」と思ったことがあったが、確か誰かに止められたのよね、「せっかく巫女で覚えてもらったんだから、衣装はこのまま変えないほうがいい」と。

今、改めて納得。名
前を覚えてもらえなくても、「巫女の格好で風水してる女」とインプットしてもらえれば儲けもの、の世界なんだから。


ところでこの日、グリーンチャンネルを出たのが夜9時ごろ。
私はこのあと映画「ネバーランド」のレイトショーを見るために、新宿・歌舞伎町へ行った。

私は最近、レイトショーが気に入っている。
といっても超・深夜ではなく、夜21時くらいでもレイトショーと呼ばれていて、たいていが1200〜1300円と割安で見られるし、昼間よりずっと空いているのでお得。
特に「混んでるのはいやだ。でもなるべく早く見たい」という、公開されたばかりの人気映画などは必ずレイトショーで見るようにしています。
(最近では「いま、会いにゆきます」と「ハウルの動く城」)

今日を逃すとまた1週間後まで時間がとれないので、どうしても今日中に見たかった。
出かける前に調べた時は、『22時から上映』だったのに、いざ行ってみたら『22時30分から』と書いてあった。
仕方なく、夕食などで時間をつぶし、そして映画鑑賞。
ジョニーデップ主演の「ネバーランド」はとっても上質な作品だった。派手さはないんだけど、あったかくて、切なくて。
そして子供たちがまた愛らしくて・・・。

泣くつもりはなかったのに、最後はツーっと涙が2〜3粒落ちてしまった。

で、満足して映画館を出て、時計を見たら、なんと24時30分!
「え、12時半?!

そりゃぁ映画は夜の10時半から始まったんだから、そのくらいの時間になってて当たり前なんだけど、なぜか私は何をどう勘違いしていたのか、まだ12時くらいだと思っていた。

ハっと我にかえる。
「ーーーーー終電がなーいっ!

・・・と、心で叫んだところで、1人きりなので誰にも助けてもらえない。

仕方ない・・電車が動いてる駅までは電車で帰って、そこからはタクシーか。

――で、結局、タクシー代2180円・・・・。
・・・・いくら割安のレイトショーに行ったって、帰りにタクシー使ってんじゃ意味ないじゃん・・・・


しかもこの日はグリーンチャンネル出演でヘアメイクさんにフルメイクしてもらった後だから、厚化粧&とれかかっていて、しかも映画見てちょっと泣いたから、マスカラも落ちて、もんのすごい形相。

そんな疲れ果てた厚化粧で、歌舞伎町を1人で歩いてたもんだから、

「うちのお店で働かない?」と声をかけられたり、「ちょっと遊んでいかない?!」とホストのお店へ誘われたり・・・。

・・・か、完全に、オミズ系の女だと思われてる・・・

まして紙袋には巫女衣装が入っているから、さしずめ、コスプレ系パブに勤務ってとこか?(笑)

もちろん、一切無視して、帰りましたけどね。


information













<2018年:今後の予定>

http://sudoyumi.com/archives/4706887.html
twitter

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
プロフィール

須藤(すどう)ゆみ。
●著書【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】(新聞出版から発売)
●フリーアナウンサー
●整理収納アドバイザー1級
●あな吉手帳術 トップディレクター講師

<略歴>
FMぐんまのラジオパーソナリティーをはじめ、民放テレビ局などでレポーターやナレーターを務め、フリーアナウンサー歴は今年で18年目。
出産後は働くママのための講座もスタートし、「お片付け・収納講座」「手帳術セミナー」「美声・スピーチ講座」などの講師を務める。群馬県在住。お仕事のご依頼は、yumisudo@goo.jpへお願いいたします。

ボイスサンプル
【ナレーション系】

クレジット3:「須藤ゆみです」





1:オーソドックス





2:明るいバラエティ番組





3:しっとり落ち着きある声





6:素朴な少女のささやき





5:ぶりぶり乙女







【声優系】

4:幼稚っぽくコミカル





7:女子高生のセリフ





8:少女とお姉さんの会話(1人2役)




目次
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ