『家事も仕事もぐんとラクになる!働くママのための手帳術講座」や、『ズボラさん向けのお片付け講座』、『ママのための話し方教室』などを随時開催しています。 ラジオDJ・フリーアナウンサー歴15年目。群馬で唯一のあな吉手帳術 ディレクター講師。整理収納アドバイザー1級。

初めての方へ プロフィール 今後の講座・イベント 受講生さんの感想 問い合わせ
スピーチが上達する一番の近道は、○○!
http://sudoyumi.com/archives/4643877.html

今度こそ家が片づく!魔法の手帳術
http://sudoyumi.com/archives/4430020.html

フセン活用術(他のサイトに飛びます)
http://www.beauty-co.jp/author/archive.html?id=20

スッピンで外出は禁止

エリザベス女王杯の馬券を買いに、1人で後楽園ウインズに行った。

普段はまず声をかけられることなんてないマイナーな女ですが、競馬関係の場所となると別。

かつて、『東京競馬場帰りの電車のホームで須藤ゆみさんを見かけましたが、立ってマンガを読んでる姿に、全く芸能人のオーラは感じられませんでした』というリスナーからの目撃情報が番組に寄せられたことがある。
アイタタタ・・・・。

ましてや今日はスッピンだから、絶対誰にも会いたくない!

そこで、帽子を深くかぶって出かけた。

「有名人だから変装」なんてかっこつけたものではなく、単にスッピンを見られたくないだけだった。


ウインズではずっと俯きながら、1人 地味に馬券を買っていた私。

で、メインレース発走が近づいてきた頃、脇に挟んでいた競馬新聞を落としてしまった。
しかし私は2〜3秒気付かずに、マークシートを塗っていたら、知らないオ
ジサンが新聞を拾った。

「・・・・あ・・・」

私は初めて新聞を落としてたことに気付いた。

「おたくの?」

「・・・・ハイ・・」

小さな声でつぶやく。するとオジサンは

「フン…」

といって、持っていってしまったのである!


ちょっとーーーー!!!私のだって言ってんじゃーーーん!!


と叫びたかったが、スッピンを見られたくない一心で、口を開けたものの声が出てこない。

・・・・な、情けない、、、


新聞を失ってしまった私は、馬の番号がわからず、マークシートの続きが書けない。
もう発売締め切りまで5分を切っているというのに。
そこで仕方なく、優しそうなおじいちゃんを見つけて、「あの、ちょっと新聞見せていただけませんか?」と声をかけた。快く貸してくれたので、買いたい馬の番号だけ急いで書き写して、「ありがとうございました」と返したら。


「巫女さんだよねー。昨日のテレビ見たよ」


どっひゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


「アハ…ハ…、私、本当は巫女じゃないんですぅ〜」

と言いながら、慌ててその場を立ち去ったのだった。


・・・あのヨボヨボおじいちゃんがパソコンを持っているとはとても思えないけれど、ましてやこのHPを見ているわけがないのだけど、もし万が一見ていたら。

――お願いします、あのスッピンはどうか忘れてください。

素晴らしきかな、早とちり。

10月30日(土)、テニスサークルのメンバーでカラオケに行った。

カラオケの時はいつも某駅周辺に住む人が中心で、たいてい顔ぶれは同じなのだけど、この日は珍しい人が来た。神奈川県に住むマル(男)だ。

当日、私が待ち合わせ場所に行くと、そこにはまだマルしかいなかった。

「マルがカラオケのためにわざわざここまで来るなんて珍しいね」と言ったら、

「いや、だってさ、S井(今回の幹事)がなんか相談があるっていうから。」

「え、相談?」

「S井がメールで、『相談があるからどうしても来て欲しい』、みたいな事を書いてきたから、なにか深刻な悩みでもあるのかなと思って、他の用事をキャンセルして来たんだ」という。


え、今日ってそういう(真面目な)集まりなの?!やだ、すっかり歌う気マンマンで来ちゃったよ〜」と、私はちょっとあせった。

「ああ、メールは結構まじめな文章だったよ。あいつが相談だなんて、なんだろうな」

「うーん、仕事関係かなぁ・・・」

そんな会話をしてるうちに、S井くん登場。マルと私は直球で聞いた。

「S井、相談ってなんだよ」

「いい話?悪い話?」

するとS井は「は?何が?」とキョトンとした表情。

マルは、おまえのメールを読んで心配で来たんだと話すと、S井は

「ええ??俺、そんな事言った覚えねーよ?」

「メールに書いただろ?!だから俺、わざわざ川崎からここまで来たんだぜ?!」

「知らねーよ。書いてねーよ〜」
と、話が噛みあわない2人
納得いかない顔でマルは、携帯電話を取り出して、「ホラ!」と差し出した。
私はS井より先に、その携帯を奪い取り、S井がマルに送ったというメー
ルを読んだ。
そして、マルのある勘違いに気付いた。

『10月30日、カラオケ同好会を開催します。お忙しいところ申し訳ないのですが来ていただけませんか?時間は要相談で』


『時間は 要相談

→そう、これをマルは「相談がある」と早とちりしたらしい。
S井いわく「マルは川崎在住でみんなより遠いから、悪いなと思って頭さげて丁寧な文章で誘っただけだよ」と。

マルは誤解に気付くと、

「なんだよぉ〜〜〜!俺、他の約束を断ってまで来たんだぜぇぇぇぇ〜〜」

とプンプン怒りながらうなだれていたが、


うーん・・・・どう考えても、アホなのはマルだな




そういえば、以前も、似たような早とちりエピソードがあった。

あれはかれこれ3〜4年前。TSSというラジオ番組でのこと。

これはイベントホールでの公開生放送で、ステージにある大きなテレビ画面を利用して映像も流す番組だった。

ある日、Kディレクターは、映像管理室にいるT村君という部下に電話をかけて『ジングルが流れたらVTRを流してくれ』と指示していた。

ジングルというのは、ラジオ用語の1つで、別名ステッカーといったりする、番組オリジナルの超短いオリジナルソングみたいなもの。(うまく説明できん・・・)

とにかくそのジングルを合図に、T村君はVTRを流すことになっていた。

ところが、本番中、予定より早い時間に、突然VTRが流れてきてしまった。
Kディレクターはあせって、映像室にいるT村君に電話して、怒鳴った。

「なにやってんだよ!VTRはジングルが流れたらと言ったろ!!」

しかめっ面で、マジ怒りのKディレクター。

しかし数秒黙りこくったあと、Kディレクターの頬が一瞬ゆるんだ。

「・・・・そうか・・なるほど・・わかった。・・今度から気をつけろよ」


静かに電話を切るKディレクター。

「どうしたんですか、Kさん」

みんなが尋ねると、Kさんは突然吹き出した。

「ハハハ!あいつさ〜。ジングルの意味をわかってなくてさ、『山下達郎のクリスマスイブ』が流れてきたから、これがジングルだ!と思ってVTR流したっていうんだよ〜ハハハハ!!」


山下達郎のクリスマスイブ

クリスマスソング

ジングルベル

「ジングル」


これには出演者もスタッフもみんな、爆笑。

なるほど、まるで連想ゲームだ。

「俺、T村を思いきり叱ろうと思ったのにさぁ・・・こんなオモロイ勘違いされたら怒る気も失せるよな・・・ハハハハ」

早とちりといえば私の得意技だったけど、上には上がいるなぁと思った瞬間でした


本日のFMぐんま「サイト911」について

どれだけのFMぐんまリスナーさんがこのホームページを見ているかわかりませんが、一応、こちらでご報告。

今日のFMぐんま「サイト911」では、「リスナー大感謝ウィーク」1つとしてアンケート募集企画があり、皆さんから数百通のメール&FAXを頂きました。

が、放送中(10時40分)に地震があったため、本来エンディングで紹介するはずだったたくさんのお便りや、アンケートの結果、明日のテーマの発表などは、すべて自粛し、
地震情報を最優先させていただきました。

たっくさんのお便りを頂いていたのに、お名前さえもご紹介できなくてすみませんでした。
どうぞご理解ください。

明日は宮本ゆみ子さんにバトンタッチです。
明日もぜひ参加してくださいね!

新潟で震度6強

東京もかなり揺れました。
というか、まだ揺れています。

今日、私が体感したものだけで7回以上。

群馬の実家に電話したら、群馬は震度5の場所もあったとのこと。
母は「今まで生きてきた中で1番揺れた。すごく怖かった」と話してました。

今後も1週間程度は大きな余震が起きる可能性があるというから、油断できません。
(まして私は明日から群馬入り。)

被害がこれ以上大きくならないことを祈ります。

information













<2017年:今後の予定>
●3月26日(日)上毛新聞 週刊「風っ子」 掲載
●3月28日(火) CMナレーション収録
●4月7日(金) 初の著書【フセンと手帳で今度こそ、家が片づく】発売
●4月11日(火) FMぐんま「かかあデンパ!」出演
●4月23日(日) マスター講座 群馬 1日目 
●4月30日(日) マスター講座 群馬 2日目 

※募集開始前はまだ日程が変更になる事もあります。ご了承ください

twitter

Amazonライブリンク
QRコード
QRコード
プロフィール
ボイスサンプル
【ナレーション系】

クレジット3:「須藤ゆみです」





1:オーソドックス





2:明るいバラエティ番組





3:しっとり落ち着きある声





6:素朴な少女のささやき





5:ぶりぶり乙女







【声優系】

4:幼稚っぽくコミカル





7:女子高生のセリフ





8:少女とお姉さんの会話(1人2役)




目次
最新コメント
月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ